2019年08月12日

残念ながら、永久歯は一度抜けたら生えてくることはありません。そこで、入れ歯やブリッジ、そしてインプラントで抜けた歯を補います。





インプラントと言っても、実は様々な種類があります。
永久歯が抜けてしまうと、これまでは入れ歯やブリッジなどでしか、抜けた歯を補うことはできませんでした。
インプラント治療というのは、ドリルであごの骨に穴を開けて、チタン製の歯根(インプラント)を埋め込みます。その上に義歯を入れ込むので、しっかりと固定されるという点で入れ歯とは決定的に違いがあります。
インプラントで入れた人工歯は通常のハミガキと同様に磨けば良いので、日々のお手入れが簡単です。
入れ歯の噛む力は天然歯の20分の1程度といわれていますが、インプラントで噛む力は天然歯と変わらず、硬いものも気にせずに噛む事ができます。
またインプラントは天然歯と同じですので、口の中を清潔にしていれば口臭の発生もありません。
インプラントのデメリットとしては、試着や使用をすることが出来ないため、インプラント治療を受ける前にしっかりとインプラントを理解している必要があります。
また、インプラントは自然の歯と同じで、歯周病には弱いので、長持ちさせるためには、十分な口腔衛生の管理と、定期検査が必要です。
インプラントの治療は上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月という長期の治療期間が必要となります。ただし、治療期間中は仮歯を使用することが可能です。
インプラントの治療費は、口内の状態や補助手術の有無、手術システム、インプラントの種類、医療機関によって異なりますが、おおよそ1歯につき15〜50万円です。
日本で行なわれているインプラントには3〜40の種類がありますが、長期的成功の要因には、使用するインプラントの種類も関係しますが、治療方法も重要になります。
インプラント治療を施術してもらう歯科医院を選ぶ上で重要なのは、治療費だけではなく経験と技術のある歯科医師がいること、しっかりとしたアフターケアを受けられることです。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆名古屋美容についてご存知でしたか?◆






posted by 美容とダイエット at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186409066

この記事へのトラックバック