2019年07月24日

フットサルシューズ選びは少々特殊な、経験と知識を必要とする作業です。フットサルシューズ選びについて私の経験からですが、大事だと思われるポイントを上げますのでフットサルシューズ選びの参考にしていただければ嬉しいです。





フットサルシューズは様々なブランドの様々なタイプが店頭に並べられていて、あるいは店頭にはないけれどもカタログだけが山のように積んであって、という状態で初めてフットサルシューズ買うときは悩まされます。私なりのフットサルシューズの選び方についてご紹介しますね。
フットサルは足を使うよく似た競技であるサッカーと異なり、狭いコートで壁も有効に使いながら立体的なプレーをします。フットサルではしたがって、ボールをつかむ、手のように扱う足裏の感触というのが重要視されます。
フットサルは基本的に屋内でのプレーを考えていますので、足元は体育館の板張りや専用コート、人工芝などになります。しかしほとんどの人にとって見ればフットサルの練習の場合は屋外が多くなりますね。
フットサルシューズ選びには、ですから二つの点で選ばなくてはなりません。フットサルシューズをはいた状態の足裏の感覚をいかに自分に合わせるか、そしてコートの質にあったものをどのように選ぶかということです。
フットサルシューズも他のシューズ同様にメーカーによってシューズの縦と横の比率や土踏まずの形状が様々です。でも、選ぶときの第一の基準はつま先です。フットサルシューズのつま先に遊びがなくてぴったりフィットするものにしてください。
フットサルシューズのアッパーの素材についてサイズの次に考えて見ましょう。ここで何を選ぶかがフットサルシューズの感覚を大きく変えます。素足感覚を最優先するならフットサルシューズの素材は天然皮革以外に考えられません。天然皮革は伸びるので、手入れすればするほど天然皮革のフットサルシューズはあなたの足の形にしっくりなじんできます。
合成皮革のフットサルシューズは素材によってすごい価格が付く天然皮革と異なって安価で丈夫ですので、市販の靴があなたの足とぴったり合うのであれば学生さんなどには特にお勧めです。しかし合成皮革は伸縮性がほとんどないので、ちょっとでもしっくりこなければ繊細な感覚が第一のフットサルシューズとして、お勧めできません。
天然皮革や合成皮革のフットサルシューズ以外に、最近人気が出ているのは布やメッシュのアッパーのフットサルシューズ、あるいはそれらと合成皮革などの複合素材ですね。布の素材は織り方を変えることもできますし、成型しやすいことからセミオーダーなど、ファンは確実に存在します。
フットサルシューズの選び方が他の競技用のシューズに比べて非常にたくさんあるのはソールの素材のバリエーションが豊富だからです。フットサルをどんなコートでプレーするかによって選択肢が限られますので、間違わないように買いましょう。
あなたが十分にお金持ちで、体育館でフットサルをプレーするのが主体であれば、そしてコンクリートの床ではないのであれば、波底と呼ばれる薄いゴムのソールがお勧めです。ボールや相手の足(笑)を扱うときの足裏の感覚でこれに勝るものは・・・素足しかありません(笑)。普通の体育館用のシューズもあります、こちらはフットサルで大切な足裏の感覚は鈍るのですが、足への負担は少ないのでトレーニングのときなどはいいでしょう。
屋外の土や芝生でのプレーであれば、滑らないようにグリップ力重視のスパイク底ということになります。屋外フットサルプレーといってもサッカーと違って軽くて薄くて感覚重視がフットサルシューズの基本というのはありますので、実際に何度かはいて走り回ってからでないとなかなか感覚はつかめません。お気に入りのメーカーを決めることになるでしょう。
フットサルシューズは練習用の安いものから限定生産の高いものまで様々です。ここで説明したフットサルシューズの選び方や分類は基本的なことですからそれを踏まえた上で、安くてもよいフットサルシューズを、自分の足に合う、目的に合うものを選ぶように心がけてみてくださいね。最適のフットサルシューズを選ぶことは1か月分の練習に匹敵すると思います。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆こんにちは、今日は大塚美容形成外科についてです。◆






posted by 美容とダイエット at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186320475

この記事へのトラックバック