2019年07月17日

国連英検について、試験を見比べてみると、国際連合側がすべての人にとってもらえたらと期待するのは、実際のところはこのひとつ上の国連英検B級のようです。英語力自体は英語検定準一級ぐらいでいいのだと思いますが、国連英検B級になると国連の理念がけっこう色濃く出てきます。日常生活の中で議論や問題解決を日本語並みにこなす能力が求められます。





国連英検(国際連合公用語英語検定試験)とは、国連の2大理念である国際理解と国際協力の普及活動のひとつとして1981年に発足した英語能力検定試験です。で、 (財)日本国際連合協会(日本国連協会)が主催しています。
国連英検は国際連合が後押ししての英語検定ですから、国際連合が向かい合っている国際協力と世界の平和、世界からの貧困や政治的、宗教的対立からの弱者の救済といった話題を扱うことが多くなります。
国連英検を受けるために国際問題や時事紛争、宗教問題や民族運動などを英語のニュースや英字新聞、英語のサイトニュースなどで勉強することはあなたにとって教養を深める大変よい機会です。
国連英検に求められる英語能力は日本英語検定協会のそれと基本的には同じなのですが、されに加えて状況判断や社会的常識に従った英会話や英作文能力、そして何より自分の考えを英語で理論手金のベルという能力が求められます。
国連英検について、どのような検定ランク、資格があり、どのような英語検定試験が行われるかについて具体的に見てみましょう。国連英検にはジュニアテストもありますが、この記事では省かせていただきます。
国連英検の検定クラスがひとつしかなかったらとんでもなく難しい英語検定試験になりそうですが、実際の国連英検テストでは初心者レベルから国連職員レベルまで様々な段階に分けて設定されています。
国連英検のE級は中学英語レベル、D級が高校2年程度、C級が大学入試レベルということで、ここまでは大学に進学した社会人の常識レベルでしょう。英検だと3級、準2級、2級という感じでしょうか。
国連英検について国際連合側がすべての人にとってもらえたらと期待するのは、実際のところはこのひとつ上のB級のようです。英語力自体は英語検定準一級ぐらいでいいのだと思いますが、日常生活の中で議論や問題解決を日本語並みにこなす能力が求められます。
国連英検の上位二つに関しては他の英語検定試験とは趣が少し異なります。あくまでも国際連合の目的に従った英語能力検定ですから、国際的な知識や理解力、それらを踏まえて議論できる英会話力といった日本人にはつらい能力を要求されます。
国連英検A級は実用英検1級とほぼ同じレベル、あるいはそれより少し高いレベルで、上に述べたように、国際的な時事問題など、あるテーマについて論理的にまとまりのある内容を英文で表現する能力などが必要になります。英字新聞などを普段から読んでいる必要があります。
国連英検の最高峰である特A級になると、簡単には通りません。種々の状況に対応できる英語力ばかりでなく、国際的に通用する知識・情報さらには国際人としての教養やマナーなども要求される点に特徴があります。  
国連英検試験には様々なランクがあることがわかってもらえたと思います。一般的なことで言えば、大学受験には国連英検C級、外国出張や滞在もありうる企業に勤めたいなら最低でも国連英検B級まではとっておけば何かと便利だと思います。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆管理美容をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。◆






価格: <価格>円 レビュー評価: レビュー数:


...さらに詳しい情報はコチラ





価格: <価格>円 レビュー評価: レビュー数:


...さらに詳しい情報はコチラ



タニタ 体重計 ホワイト HD-661-WH

価格: 1,673円 レビュー評価: レビュー数:

●【メーカー名】TANITA(タニタ)●【型番】HD-661-WH●■薄さ35mmで収納に便利●■持ち運びに便利な軽量設計(990g)●■乗るとスイッチが入るステップオンタイプ●【電源】 DC3V 単3乾電池(R6)×2本●【主な材質】 樹脂カバー・ベース:ABS、レンズ:AS●【主な付属品】●取扱説明書●保証書●お試し用電池(単3乾電池(R6)×2本)●【商品寸法】 D 280mm × W 280mm × H 35mm●【商品質量】 約 990 g●(電池含む)●【個装箱寸法】 D 300mm × W 328mm × H 43mm●【個装箱質量】 約 1.3 kg●【外装箱寸法】 D 279
...さらに詳しい情報はコチラ




posted by 美容とダイエット at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186287186

この記事へのトラックバック