2019年07月12日

リフォームを考える前には当然、家を手に入れられていますよね。家は安い買い物ではありません、一生に一度の買い物と言ってもいいものです。





リフォーム工事について意識されたことありますか?テレビのCMで可愛い女の子が出てきて、パパにリフォームをおねだり、「三井のリフォーム〜♪」という宣伝を見たことありますか?宮沢りえさんが一躍有名になったのがそのシリーズの宣伝でしたね。
今の家を手に入れるのにはローンを組んでお金のやりくりをなさり、けっこう苦労されましたよね、おそらくまだローンも残っている方がほとんどなのではないでしょうか?
いろいろ考えてみんなのことも考えて手に入れたマイホームですから、安い利子とはいっても住宅ローンも残っていますからできれば死ぬまで住みたいものです。
住宅ローンの残高に関係なく、持ち家に住んでいる以上、リフォームローンはいつか考えなければならない問題です。残念ながら家はいつまでも新築ではありません。
それに、子供が小さくて両親が元気なうちは良かったのですが、子供も中学や高校に入り、両親は足腰が弱ってくると、今までどおりの生活と言うわけには行かなくなります。
家の傷みの改修や、変化した家族構成に対応するためにはどうしてもリフォームが必要になります。
リフォームは額が大きいですから利子がついているとはいっても金融機関のリフォームローンで支払うのが一般的です。リフォームの費用って、計算してみると驚くぐらい高いですから。
リフォームローンを組む場合、新築の家を買うよりははるかに安い額になりますが、それでも数百万円以上の大きな額の金融と言うことになります。でも、新築の家用の有利な融資は受けられません。
残念ながらリフォームローンの場合は住宅金融支援機構のフラット35などの非常に有利な融資は、まことに残念ながら適用できません。
リフォームローンは基本的には公的機関の対象外ですが、政策誘導型リフォームなどのいくつかの条件に合致すればリフォーム融資を受けることができるのです。
住宅金融機構以外にも民間の金融機関もリフォームローンはいろいろと企画しています。事業拡大などに対して普通に融資を受けるよりは安い利子で借りることができますので、そちらも確認しておいてください。
あなたが使えるリフォームローンに応じて工事を考えるのも大事なポイントです。リフォームローンの利子がいくらになるか、そのリフォームが何年間、誰のためになるのか、しっかり計算して組みましょうね。



◆◆◆

ところで、あなたは、お買い物に興味がありますか。

◆美容ローラーにご興味ありますか?◆






posted by 美容とダイエット at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186264174

この記事へのトラックバック